【身分証明証は必須】名古屋のキャバクラで一体する時に必要な持ち物

一体する時に必要な持ち物

キャバ嬢の仕事をする上で、自分用の持ち物は必須。
じゃあ、一体する時にも必要な持ち物ってあるの?って疑問に思う人もいるかもしれない。
特に初めてのキャバクラでの一体ってなるとなおさらだよね。

キャバクラはわからないことだらけ!
ここでは、キャバクラで一体をする時に必要な持ち物について紹介していきます。
もちろん、一体の時の持ち物はお店によって違うから、あくまでも参考程度に。

ただ、ここで紹介するのは「これだけ用意があれば間違いない!」っていうものについてだから、持ち物がわからない、お店に聞く勇気も出ない…っていう人はぜひチェックしておいて。
それから、実際に本入店するってなった時、ここで紹介するものは全部必要なものばかり。本気で本入店することも考えてる人は、今のうちから少しずつ揃えておくのも良いかも。

写真付きの身分証明証

まず必須なのが写真付きの身分証明証。免許証とかパスポートとかね。
写真付きの身分証明証をお店に求められると、何か悪用されるんじゃ?って不安に思うかもしれないけど、これは法律的に見ても必ず必要なものだから用意するべき。一体は身分証明証がないとできない!
法律的に、キャバクラであっても他のお店であっても、身分証を確認しないとそのお店で働かせてはいけないっていう決まりがあるから、逆に求められない方が不安!
もし写真付きの身分証明証を持ってなければ、お店に問い合わせてみて。保険証とか学生証とか、その他の身分証2つでOKにしてるお店もあるから。

手帳とボールペン

仕事内容のメモするのに必要な手帳とボールペン。
一体中に名刺を渡す場面に遭遇したら、ほとんどのお店では名前の書いてないお店の名刺に自分で手書きで名前を書いて渡すっているパターンもあるから、ボールペンは特に必須!
仕事内容をメモしてるっていうやる気アピールにも繋がるしね。

ストッキング

ドレスに必須のストッキング。
丈の長いドレスだったり、脚に自信がある人は履かなくても良いけど、基本的にドレスにストッキングっていうのが定番。
ドレスとかはレンタルさせてくれるお店が多いけど、ストッキングについては消耗品だから、自分で用意しておくのが無難だよ。伝染しないように、2つくらい持っておくとおすすめ。
ドレスにもよるけど、薄手で多少ラメが入ってて足を綺麗に見せてくれるものを選ぶとよりドレス映えするよ。

ドレス

ほとんどのお店では、一体中はレンタルさせてくれるお店がほとんどだけど、中にはドレスレンタルができないお店も。
体入荒らしじゃないんだったら、キャバドレスは今後のことも考えて1着は持っておくのがおすすめ。
安いものであればネットで3,000円くらいで買えるし、レンタルを利用するのもおすすめ。
安物でも自分のサイズに合った綺麗なドレスを持っておくと、やる気アピールに繋がるよ。
ドレスのレンタルができるかどうかは、求人に書いてあることがほとんどだから、求人を見てドレスを自分で用意しておくかどうか判断するのが良いかな。

特に靴は、サイズが合うかどうかが厳しいところがあるから自前がおすすめ!
レンタルが合っても、その靴が小さくて、もしくは大きすぎて合わない可能性もあるし。
靴は安物でも良いけど、ハイヒールで足が細長く見えるものを履いてね。
最初はハイヒールで歩くのも苦労するかもしれないけど、慣れは重要。
ドレスレンタルを考えてる人は、どんな色のドレスにも合わせられるように、シンプルな色とデザインの靴にしておくと全体のコーディネートも綺麗にまとまるよ。

ライター

タバコを吸うお客さんだったら、そのタバコに火を点けるのはキャバ嬢の仕事。
ライターもお店でレンタルできるところが多いけど、これくらいの小物類は自分で新品を用意しておくのが無難だから、安物で良いから用意しておいてね。
100円ショップのライターよりも、多少おしゃれなライターを用意しておく方が見栄えが良いよ。
あと着火の練習も必須。私は初めての接客の時にうまくライターを着火できなくて大恥かいた!(笑)

ハンカチ

テーブルやガラスの水滴を吹いたり、お酒を作った後に自分の手を拭いたりするために、ハンカチを持っておくのはキャバ嬢のエチケットとして必須。
ハンカチは、タオル地のものじゃなくて薄い布製の上品なデザインのものを選んでね。
百貨店の1階とかに売ってそうな綺麗なやつって言えば伝わるかな?
キャバ嬢が接客中に持ち歩くポーチの中に、小さく折りたたんで入れておけるようなものにしてね。
ハンカチを用意しておくことはもちろん、こういうタイプのハンカチはすぐ折り目とかシワがつくから、綺麗に端を揃えて折りたたむこと、シワがあったらアイロンを掛けておくのも必須!

ポーチ

最後にポーチ。
化粧ポーチみたいなものじゃなくて、ドレスに合わせるクラッチバックみたいなポーチね。
ポーチもレンタルできるお店はあるけど、求人に明記がなければ無いことも多いから自分で用意しておくのが無難。
キャバ嬢の衣装はドレスとポーチ、それから靴やアクセサリーでトータルコーディネートすることになるから、ドレスレンタルをする場合は無難なデザインがおすすめ。