営業時のLINEはどうする?売れないキャバ嬢は要チェック!

キャバ嬢が実践したほうがいい営業LINEのコツ

キャバ嬢にとって営業は必須。初めて接客したお客さんとは必ず連絡先を交換して、そのお客さんにまた着て欲しいことアピールするのが基本なの。
特にキャバ嬢のお客さんとの連絡手段は何年か前まではメールが主流だったんだけど、特に最近ではLINEを交換して営業することの方が多くなったな。
営業上手なキャバ嬢は売れる!それは今も昔も変わらないことで、気軽にやり取りができるLINEだからこそ、その営業方法のコツを押さえること重要なの。

明らかに一斉送信だと分かるようなLINEは送らない

「この前は来てくれてありがとう!またお店に遊びに来てくれたら嬉しいな!」
このLINE、別に送られてきても不快には思わないかもしれないけど、特別嬉しいとも感じないよね。キャバクラに来たお客さんにとっては、明らかに営業だとわかるもの。
コピペで一斉に送ってるんだろうなぁ…っていう感想しか抱かれないから、無視される可能性も高い。
だから、当たり障りのないLINEの内容は逆効果!お客さんはほとんど乗ってこないの。
じゃあどうすれば良いかと言うと、一斉送信では送れないようなLINE。お客さんの名前や接客した時の会話の話題やお客さんの好きなものの話を混ぜて、あくまで接客中の会話の延長線上で話を続けると、お客さんも話に乗ってきてもらいやすいよ。

お店で話した内容を話題にしてみる

お店で話した内容、特にお店でお客さんが楽しそうに話してた内容をLINEでも盛り込むと、LINEでの会話も盛り上がりやすい!
お客さんとの会話を営業LINEにも盛り込むためには、まず大前提としてお客さんとの会話の内容を覚えておかないといけない。営業を成功させるために大事なことはお客さんのことをよく知ること。
お客さんのことをよく知って、覚えておくことで営業LINEを成功させやすいよ。
「ゴルフの話、もっと聞きたいです!」「〇〇さんの仕事を頑張ってるところ、尊敬しちゃいます!」
などなど、お客さんの好きなものの話やお客さんを誉め立てるような内容にすると、気分良くLINEを返してもらえる可能性大。

お客さんによって連絡を送るタイミングを変える

お客さんによって、返信の都合が良いタイミングと悪いタイミングがあるから、それを見極めることが大事!例えば、私の場合既婚者のお客さんには夜の7時以降LINEは送らない。
お店に来てくれてたら別だけどね。って言うのも、もし奥さんにキャバ嬢とLINEしてることがバレたら修羅場になる可能性もあるから(笑)
だから既婚者とかサラリーマンのお客さんだったら、仕事終わりに見てもらいやすい夕方とかを狙ってLINEを送るようにしてるよ。そんな風に、お客さんの職業や状況に応じて、返信のタイミングはずらすし、毎回同じような時間とか曜日に送らないようにもしてる。
だって、同じ曜日同じ時間に送ってたら、どうしてもやっつけ仕事になっちゃってお客さんにメルマガか何かだと思われちゃうから。

あくまで営業であることを忘れないようにする

そして最後に、あくまで営業で送っていることを忘れないようにすること!
お客さんは営業感を匂わせるとLINEを返してくれないけど、だからと言ってダラダラと雑談LINEだけ繰り返しているようでは時間の無駄!
LINEをするのにはまた来てもらいたいっていう目的があるんだから、その目的を果たさないとダメ。
雑談になんとなく付き合うんじゃなくて、その雑談の中でさりげなく自分をアピールしてお客さんに好きになってもらった上で、また来店してもらえるようにする。
お客さんに「この子とまた会いたい!」って思わせることがすごく重要になってくるの。とはいえ、また来店してもらうことを急かせば、営業だと勘付かれる。
その辺のバランスって、すごく難しいところなんだよね。この辺りはお客さんとの関係性や性格によって違うから、どのタイミングがベストとは言えない。
だけど、「会いたいな」って伝えた時の反応が見定めるポイントになるから、会いたい気持ちを伝えるっていうのはおすすめ!