歳を重ねても働ける!「熟キャバ」とは?

熟キャバとは?

熟キャバっていうのは「熟女キャバクラ」の略。
名前自体は聞いたことがあるかもしれないけど、その名の通り、普通のキャバクラよりも年齢層が高めのキャバ嬢がたくさんいるお店のことだね。
普通のキャバクラの年齢層は19歳〜20代前半が中心。それに対して、熟キャバは若くても20代後半、上は40代、50代のキャストもいるほどには年齢層が広めのお店なの。
熟女キャバクラは今だんだん店舗数は増えてるものの、まだまだイロモノ枠っていう風潮は変わってないから、普通のキャバクラに比べて料金が安め。それに合わせて、時給自体も他のお店に比べて安いところも多いよ。
今回は、熟女キャバクのキャバ嬢目線から見た特徴について紹介していきます!

熟キャバの客層

仕事内容自体はそこまで普通のキャバクラとは違わないけど、特に客層は熟女好きな男性が多くて、中にはキャストよりも年下の男性客が来店するっていうパターンも。
あまり年齢層や職業に縛りはないものの、女の子の好みとして、年上の女性が好き、熟女が好きっていうお客さんがたくさん来店するの。
熟女の成熟した魅力っていうのかな?大人な雰囲気のある女性が好きなお客さんがたくさん来店するから、のんびり大人っぽく、しっとり働きたいっていう人にとっては向いてるかも。

熟キャバで働くメリット・デメリット

大人の魅力ってやつを存分にアピールできて、そういうアピールが大歓迎なのが熟キャバのお客さんの一番の特徴。
じゃあ、熟キャバで働くことのメリット・デメリットは?
ここでは、熟キャバのメリットとデメリットについてまとめていきます!

メリット

熟キャバで働くことの特徴は、年齢を気にせず自分らしく働けるところ。
もちろん頑張れば頑張るほどたくさん稼ぐこともできるし、自分のことを好きって言ってくれるお客さんがずっと来てくれるって、やっぱりモチベーションになる。
その上、熟キャバは子持ちのキャストも多いから、託児所やシフト自由とか、子育てに関する待遇面が充実してるお店が多いこともそのメリットとしてかなり大きいかも。

・大人な魅力を存分にアピールできる
・ノルマなしでのんびり働くことができる
・年齢を気にせず長く働くことができる
・子育てに関する待遇が整ってるお店が多い

デメリット

ただ、熟キャバにはデメリットもあって、まず時給が他のキャバクラに比べてやや低めで、集客も通常のキャバクラに比べると大変な部分が多いから、あまり稼げないと感じる人も。
その上、大人になればなるほど、中には会社の御局様みたいな人がいるお店もあって、出る杭は打たれる、みたいなギスギスした人間関係のお店も。キャバクラ業界ではどこの地域、お店でもそういう風潮はあるけど、熟キャバはよりそれが激しいっていう声も聞いたことがあるよ。

・普通のキャバクラよりもやや時給は低め
・ギスギスドロドロした人間関係のお店も多い

熟キャバと似ている『姉キャバ』とは?

じゃあ、熟キャバとちょっと似てる「姉キャバ」って知ってる?
姉キャバっていうのは、熟女キャバクラよりは年齢層は低めだけど、普通のキャバクラに比べると年齢層は高め。具体的には20代後半から30代くらいのキャストが中心のお店だね。
姉キャバと言わず、「半熟キャバ」って呼ばれることも。
お姉さん系の落ち着いた大人っぽい人にとっては、姉キャバはまさに雰囲気にぴったり。
普通のキャバクラで働くにはちょっと年齢的に辛いけど、もうちょっとキャバクラ業界にいたいから姉キャバに…っていう人もいるよ。

まとめ

熟キャバについて、最後にまとめます!

・年齢層はやや高めで、大人の魅力を存分にアピールできる
・客層は幅広く、熟女好きな男性が多いからお客さんの方が年下というパターンも
・ノルマなしでストレスフリーに働けるお店が多い
・子育てに特化した待遇を用意しているお店が増えている

このように、熟キャバでは年齢層の高めな女性でも働けるように、雰囲気づくりや待遇面が整えられているお店が多いのが特徴。もう年齢的にキャバはキツイだろうけど、その仕事には興味はある…という方は、熟キャバを選んでみては?