夜が苦手な人でも働ける!?朝キャバ・昼キャバ

朝キャバ・昼キャバとは?

朝キャバ・昼キャバっていう言葉を最近よく耳にするかもしれないけど、これらは今キャバクラ業界で人気が集まってるお店のジャンル。
キャバクラって、普通は夜の営業してるものだけど、朝キャバ・昼キャバはそのまま朝や昼に営業してるお店のこと。特に朝や昼に時間がある夜に仕事をしている人や定年退職後のおじいちゃんが客層の中心だね。
夜に働くのは難しいけれど昼間・朝方なら時間があるっていう人は、朝キャバ・昼キャバで働くのもおすすめ!あとは、夜に働かなくても良いから学生さんやOLさんのお小遣い稼ぎや副業としてもあまりストレスがなくて人気があるよ。
ここでは、夜が苦手な人におすすめしたい朝キャバ・昼キャバの魅力について紹介していきます!

朝・昼キャバで働くメリット・デメリット

まずは朝キャバ・昼キャバのメリットとデメリットについて。
朝キャバ・昼キャバは、基本的に営業時間が違うだけでキャバ嬢としての仕事内容には大きな違いは無いの。
じゃあ、営業時間が夜から朝・昼に変わるだけで、どんな違いが出てくるのか。
このことについて、メリットとデメリットに分けて紹介していくね。

メリット

朝キャバ・昼キャバで働くことにはメリットがいっぱい。
深夜に働かなくても良いから生活リズムが崩れにくく、昼間は別の生活がある人にとっては健康的に働けるし、昼間の他のバイトに比べてはるかに時給が良い!
名古屋の朝・昼キャバの平均時給はだいたい2,500円〜3,000円くらいかな。
その上、朝キャバ・昼キャバに来店するお客さんは夜に働いてるホストやキャバクラのボーイが多いの。
だから、水商売に対する理解者が多いから、かなり接客しやすいのも良いところかな。
それに、元々名古屋のキャバクラはノルマがあるお店は少ないものの、朝キャバ・昼キャバになるとさらにノルマのあるお店は少ないから気楽なんだよね。

・朝・昼に働くことになるので生活リズムが崩れにくい
・キャバクラの仕事に対する理解者が多いから気楽に働ける
・同じ時間の他のアルバイトよりはるかに時給が良い
・ノルマやペナルティがあるお店が少ない

デメリット

朝キャバ・昼キャバのデメリットは、どうしても夜キャバに比べるとお給料が低めになってしまうことが大きいかな。
夜キャバに比べ集客を見込むのが難しいから売上が伸び悩みやすいって言うのもあるし、昼間から高額ボトルをオーダーする人は少ないからバックで稼ぐのもかなり難易度が高い。
それに、多くのお客さんは夜の仕事関係者や定年退職後で昼間に暇があるおじいちゃんなんだけど、たまーに夜から飲み歩いてて泥酔した状態で来店するお客さんも。
ベロベロに酔っ払って騒いだり、セクハラしてきたり寝てしまったりと、迷惑なお客さんが来店する可能性も否めないっていうのがデメリットだね。

・夜キャバに比べて給料は低め
・たまに泥酔したお客さんが来店する

稼ぎたいなら夜のキャバクラで働くほうがおすすめ!

朝キャバ・昼キャバのキャバ嬢から見た特徴をまとめると、気楽に働けるものの稼ぎは夜キャバに比べてそこまで良くはないっていう感じかな。
だから副業目的なら良いとして、たくさん稼ぎたいなら朝キャバや昼キャバよりも、夜のキャバクラで働く方がおすすめ。
それでも朝キャバ・昼キャバの仕事に興味があるなら、昼・夜キャバで働くのもおすすめ。
キャバクラの中には同じ店舗で、昼から夜まで長く営業してるお店もあって、そこでならその日の都合に合わせて昼・夜どちらででも働くことができるよ。

まとめ

朝キャバ・昼キャバの特徴について、最後にまとめます!

・生活リズムが崩れにくく、副業目的の人におすすめ
・客層は夜のお店で働いてる人や定年後のおじいちゃんが中心
・夜に比べ時給は低めだけど、昼の仕事で見ると高時給で気楽に働ける

こんな風に、朝キャバ・昼キャバには夜キャバにはない様々なメリット・デメリットがあるから、特に学生やOLさんには朝キャバ・昼キャバはおすすめ。
気楽に働ける上、昼の生活に支障を来しにくいからストレスが少ないよ。副業でキャバクラでの仕事に興味がある人は、ぜひ名古屋の朝キャバ・昼キャバも候補に入れてみてね。