名古屋のキャバクラで働くなら知っておきたい「一体」とは?

名古屋のキャバクラで使われる言葉『一体』とは?

名古屋のキャバクラではよく「一体(イチタイ)」っていう言葉をよく聞くかもしれない。
私も一体っていう言葉はよく使うし。
一体っていうのは「一日体験入店」のこと!1日だけそのお店で働いて、仕事内容やお店の雰囲気を実際に体感してから実際に働くかどうか決めるっていうキャバクラによくあるシステム。
一体は名古屋周辺の方言みたいなもので、全国的には「体験入店」「体入」って言ったりするところが多いみたい。
特に最近では求人サイトでも「体入」っていう言い方はしてるから、名古屋でも「一体」じゃなくて「体入」って言ってる人もいる。
まあ、一体でも体入でもどっちで言っても良いけど、どっちも同じ意味っていうことさえ知っておけば問題なしかな。
今回は、その一体について知っておきたいこと、注意しておくべきことについてご紹介していきます!

一体のメリット

まずは一体をすることのメリットについて。
特にこれからキャバクラで働こう!って意気込んでる人は、「もう働く意思は決まってるから一体なんてしなくてもよくない?」って思うかも。
でも、キャバクラは特に、お店によって雰囲気とか仕事の方針が全然違う!入ってからブラック店でしたってなったら嫌でしょ?
初めてキャバクラで働く人にも、他のお店に移転しようと思ってる人も、今ではほとんどの人が一体を利用してる。そのメリットについて3つ紹介していくね。

お試しなのにお給料がもらえる

まず、お試しなのにお給料をもらうことが出来ること!
一体中は、あくまでお試し勤務だからお給料なんて出るの?と思うかもしれないけど、ちゃんと出る!
しかも、ほとんどのお店が時給2,500円〜っていう高時給で働けるから、ちょっとしたお小遣いももらえて一石二鳥。
もちろんそのお店のスタート時給か、高時給のお店ならスタート時給の500円〜1,000円程度低い時給からのスタート。
しかも、ちゃんとしたお店なら一体中に稼いだお給料はその日のうちに現金手渡しでもらえるから、一体するだけで財布の中がちょっと潤う!
逆に、一体したときの時給が全額もらえなかったりしたら、そのお店はブラックな可能性があるから警戒した方が良いかな(笑)

お店やキャストの雰囲気を知ることができる

キャバクラは、そのお店での仕事内容はもちろんだけど、そのお店そのものの雰囲気を確かめることも超重要。
ノルマが厳しくて女の子同士の争いが激しいお店は嫌でしょ?
特に、控え室の様子をこっそり覗いてみて。控え室のキャスト同士の人間関係とか、ボーイとキャストの雰囲気とか、店長がキャストやボーイに偉そうな態度を取ってないかどうかとか。
雰囲気が悪ければ、キャバ嬢の仕事自体に苦を感じることはなくても、そのお店で働きたいとは思えない。
どうしてもキャバクラでは「女の子同士が人気争いをする」ことになるからギスギスしがちだけど、中にはそうではないお店もある。
人当たりが良さそうなキャストが多いお店を選べるように、雰囲気をちゃんと確かめることにも気を張ってみて。

自分に合ったお店の中から働くお店を選ぶことができる

人によって、ストイックに売上を出して高いお給料をもらいたい人とか、副業やバイト感覚でサクッと稼げる気楽なお店が良いとか、求めてるお店の雰囲気は違うと思う。
そのお店に応じて営業の方針とか、キャストに求めることは違うから、自分に合ったお店を選ぶことは超重要。
自分に合ってるお店かどうかは、控え室の雰囲気だったり、そのお店のノルマの有無や給料制度を見るとつかむことが出来る。
わからなかった場合は、「自分はこんな風にキャバ嬢として働いていきたいんです」っていう風に面接の時に店長に伝えてみるっていうのもおすすめ。
合ってたらそのまま歓迎されるだろうし、合ってなかったら向こうから断ってくれる可能性もあるから。
その辺は正直に答えてくれるお店がほとんどだよ。お店選びには妥協しないことが一番!

一体するときにチェックするポイント

じゃあ、一体する時にはどんなことをチェックしておけば良いのか。
お店の雰囲気を確かめることは重要って一体のメリットで紹介してきたけど、じゃあ、お店の雰囲気なんかを確かめるためには具体的にどうすれば良いのか解説していきます!
一体の時は初めてのお店、初めての仕事に緊張する人もいるかもしれないけど、今後そのお店で働いていくことを考えた上で、これらのことについてもチェックしておいてね。

スタッフのお客さんに対する対応

まず、基本はスタッフのお客さんに対する対応。
ボーイがお客さんに対してヘコヘコしてて、いざという時(セクハラされそうな時とか)に助けてもらえなそうだったり、逆に横柄すぎる態度でお客さんが萎縮しちゃってるのもNG。
あと、キャストがお客さんの過度なセクハラを黙認してるお店も辞めた方が良いかも。
特にキャバクラは、多少のセクハラは否めない部分があるけど、明らかに風俗かと思うレベルでセクハラをしてたら、それは本入店しないほうが良いかな。

キャスト同士の仲の良さ

キャバクラはどうしても人気に優劣が付きやすいから、ちょっとギスギスしちゃうのはよくあること。
とはいえ、どうせならキャスト同士はなるべく仲が良いお店を選びたいところよね。
控え室でわいわいおしゃべりをしてたり、一体中の自分に対してもフレンドリーに接してくれるお店は雰囲気が良い、キャスト同士が仲が良いお店である可能性大。
雰囲気が良いお店であることを最優先したいなら、オープニングスタッフ募集中のお店もおすすめ!
新店ならほとんどのキャストがほぼ同期で上下関係とかも出来上がってないから、かなり馴染みやすい。

客層のタイプ

それから、客層のタイプも見ておいた方が良い。
そのお店の価格帯とか立地によって、客層はかなり違いが出るから、出来るだけ自分が接客しやすいタイプの人が多いお店を選ぶのがおすすめ。
例えば接待でよく使われるような、サラリーマンのお客さんが多いお店なら落ち着いて接客することが出来るし、若いお客さんが多いお店なら友達感覚で気楽に接客できる。
お店のコンセプトなんかによっても、常連さんの傾向は全然違うから、そのお店にどんなお客さんが多いかは要チェック。特に、セクハラしてくるお客さんが以上に多いとか、キャバ嬢に対して横柄で怖いお客さんが多いお店は避ける方が無難だね。

一体をやりすぎると「一体荒らし」になってしまうので要注意!

ここまで「一体で気をつけるべきこと」について紹介してきたけど、もし自分に合ってないお店だったら、本入店前に断ることもできるのが一体の良いところ。
とはいえ、一体ばかりやりすぎてどこのお店にも本入店しないようでは、キャバクラ側から「一体荒らし」だと思われる可能性大!

一体荒らしっていうのは、本入店する気持ちはないのに一体して、一体中の日払いの給料だけをもらおうとする人のこと。
キャバクラは横の繋がりが意外と強いから、あまりにも一体をしては本入店を断って…っていうのを続けてると、ブラックリストに乗って一体すら断られることも。
2〜3店舗くらいまでならまだしも、5店舗も断ってたらブラックリストに入れられる可能性はかなり高いよ。

まとめ

キャバクラの一体は、キャバ嬢経験の有無に関わらずやっておくのがおすすめ!
その特徴についてまとめます!

・一体中のお給料も日払いで受け取ることができる
・お店やキャスト、客層の雰囲気が良いかどうかチェックしてくべき
・自分に合った方針のお店の中から働くお店を選ぶことができる
・もし雰囲気が悪いお店であれば一体後断ることもできる

こんな風に、キャバクラでの一体にはメリットだらけ。初めてキャバクラで働く人は、今後長く働いていく上でも一体をうまく活用してお店選びをしてね。
もちろん、一体荒らしだけにはならないように!
一体荒らしをするくらいなら、派遣のキャバクラに登録して、ずっと派遣で働いたほうが楽だし自分のためになるよ。